メタバースとは?

メタバースが熱い!

アメリカの巨大IT企業GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)。
その1つのFacebookが、2021年10月28日に社名を『Meta』へ変更した。

社名を変更するってのはなかなかのことだ。
「これから私たちはメタバースの会社になるよ。」
という強い意思の表明と言える。

それだけこれからの時代はメタバースが熱いってこと!

でも、そもそもメタバースとはなんだろう?仮想空間のこと?VR??
なんとなくぼんやりイメージはできるけど、詳細はわからない。

そんなド素人の私は、ブログを通じて少しずつメタバースについて調べて
行こうと思った。

以前宣言した通り、このブログはただの日記だから、今後は食レポだけ
じゃなく、自分の興味のあることやどうでもいいことを記していくよ。
どうぞよろしく!(※もちろん今後も食レポがメイン)

 

メタバースとは?

メタバースについてWikipediaを見ると、
「コンピュータやコンピュータネットワークの中に構築された、
3次元の仮想空間やそのサービス」

「将来インターネット環境が到達するであろうコンセプトで、
利用者はオンライン上に構築された3DCGの仮想空間に世界中から
思い思いのアバターと呼ばれる自分の分身で参加し、相互にコミュニケート
しながら買い物やサービス内での商品の制作・販売といった経済活動を行なったり、
そこをもう一つの「現実」として新たな生活を送ったりすることが想定されている」

と書かれている。いや~凄いよね。これはもうアニメの世界だもんね。
私はアニメSAO(ソード・アート・オンライン)が大好きなんだけど、
あんなイメージかな。これから現実世界にもあの世界感がやってくるかと思うと、
楽しみで仕方ない。

家に帰ってから仮想空間へダイブし、その中で仲の良い友達が集まって遊んだり。
仮想の通貨で物を買ったり売ったり。仕事をしてお金を稼いだり。美味しいもの
をいっぱい食べたり、ビールを飲んだり。想像しただけでもたまらない。現実世界
では移動距離なんかもあって難しいことも仮想空間なら実現できちゃうもんね。

今までもオンラインゲームはあったけど、視覚聴覚に加えて、触覚、味覚、嗅覚、
などが実現できるようになると言われている。そうなると、現実と何も変わらない。
今は現実か?仮想空間か?わからなくなってくるかもしれない。ちょっと恐いがw

 

メタバースの関連用語

VR(Virtual Reality)

Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略で仮想現実。
専用のゴーグルを装着し、コンピューター上の人口的空間を現実のように
映し出す技術のこと。

AR(Augmented Reality)

Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)の略で拡張現実。
現実空間に情報を付加して拡張する技術のこと。
Augmented(オーグメンテッド)とは、増大(増加・拡張・増音)されたの意味。

MR(Mixed Reality)

Mixed Reality(ミックスド・リアリティ)の略で複合現実。
仮想世界と現実世界を組み合わせて融合させる技術のこと。

 

メタバース体験(※更新予定)

物事を知るためにはまず体験することが大事でしょ!
ってことで、ひとまずVRヘッドセット『Meta Quest 2』を購入した。
今後はMeta Quest 2を利用したレポートを予定してるよ。
おススメの利用方法などあればぜひコメント下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。