iPhone(iPhone11Pro)を売ってみた!

iPhoneを売ろうと思った経緯

2021年12月上旬、これまで利用していたiPhone11Proを初めて売った。
その過程で色々なことを学んだため、自分のためにもメモ感覚で残しておく。

まず、それまで愛用していたiPhone11Proを売ろうと思った経緯は・・
iPhone13でシネマティックモード機能が出ることを知ったため。

シネマティックモードとは、簡単に言うと背景をぼかした動画が取れる機能のこと。
これはぜひ使ってみたいと思ったのがきっかけ。

私は特に新しいもの好きでも、ガシェット好きでもない。
でも、この機能を使い、ぜひとも美味しそうな動画を皆さんに届けたいと思った!

iPhoneを売る前にやるべきこと

「iPhoneを探す」をオフにする

※これを忘れてしまうと、iPhone購入者が初期設定できないため絶対必須。

iCloudのサインアウト

iPhoneの初期化

SIMカードを抜き取る

※細かいことはちゃんとした専門サイトを見てくれよな。

iPhoneを売る場所の検討

最初は最も高額で売れるというメルカリを検討してみたけど・・
個人対個人(C to C)のやり取りに色々とトラブルの匂いがしたので断念。。

多少金額が落ちてもいいから、正規のお店で売ることにした。
検討したお店は以下。素人だから全て大手。

・イオシス
・ソフマップ
・じゃんぱら
・ネットオフ

iPhoneを売った結果

最初はじゃんぱらのホームページを見て、6万円以上の値段が付いていた。
査定に出したところ、画面の傷が原因で大幅な減額となり、4万円ちょっとに。

ここでは持ち帰り、再検討・・最終的には、ネットオフにて5万円で売った。
最初から5万円以上を目標としてたので、なんとか目標をクリアーできた。

スマホを使い倒してきた今までを思えば、5万円で売れるなんて・・嬉しい。
ガッツリ2年も使った端末が、まさか5万円で売れるなんてね。

今後の対策

私のような一般会社員が、今後も高額のiPhone最新機を利用するならば、
今後はiPhoneを売ることを前提に端末を利用する必要があると思った。

なるべく高く売るためには、キレイに使わないといけない。
さっそくiPhone13Proの液晶保護フィルムを購入したジャニごりだった。
(※今までスマホケースのみで使ってました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。