北条五代が治めた小田原城

ぶらっとひとりで神奈川県小田原市にやってきました。

小田原といえば、やはり北条五代が治めた小田原城でしょう!
DSC03801.jpg

小田原駅周辺は、思っていた以上に田舎でびっくり^^

駅から歩くこと10分ほど・・・・・

でで~~んと大きな小田原城が見えてきました。

静岡の浜松城や、掛川城とは比べ物にならない雄大さ!
DSC03759.jpg

天守閣に入る前に、敷地内をぶらぶら散策しましょ。

庭の中心にはなぜか日本猿の群れが!!

なぜこんなところに?(笑) 
DSC03762.jpg

こちらは本丸東堀跡。

江戸時代の小田原城は、本丸を水掘りが囲んでいたのです。
DSC03763.jpg

堀とは、敵の侵入を防ぐため城などの周囲に掘られた溝のこと。

このように水が張られている堀を水堀、水の張られていない堀を空堀という。
DSC03785.jpg

こちらは小田原城跡本丸の巨マツ

あまりに大きく育ちすぎたため、立派な支えがしてありました。
DSC03792.jpg

小田原市の天然記念物に指定されているとのこと。

でも、木全体に苔みたいのが生えててちょっと気持ち悪い。。。。

この立派な門は小田原城の銅門

二の丸の表門で、江戸時代を通してそびえていました。
DSC03784.jpg

お次は歴史見聞館へ。入館料は大人300円。

入ってすぐのところで、炎をまとった武者が待ち構えていました!
DSC03768.jpg

これは小田原城ジオラマ模型。縮尺500分の1。
DSC03770.jpg

東海道屈指の宿場町だった小田原の町の様子を再現。
DSC03772.jpg

各家々にはちょっとしたクイズやゲームあり。
DSC03773.jpg

ふぅー。歩き疲れたので城内の公園で休憩しよーっと。

んん?? あれはなんだ!? 

なんと公園では和種馬の乗馬体験が行われてるじゃないか!

和種馬とは、洋種馬と交雑することなく残ってきた日本固有の馬のこと。
DSC03778.jpg

特徴は頭が大きく足が太く短い。全体としてずんぐりした体形。

はじめポニーかと思ったほど(笑) さすが日本の馬。
DSC03780.jpg

記念に私も乗ってみました^^ 料金は500円。
乗馬体験

ものすごい静かでのっそりのっそり歩くの(笑)

これが乗馬体験といえるのかどうかわからないけど、思わぬ収穫だったな!

それでは最後にメインの天守閣へレッツゴー!!

現在の天守は、昭和35年(1960)5月に復興したもの。入館料大人400円。
DSC03794.jpg

内部は、古文書、絵図、武具、刀剣などの歴史資料の展示室になっていました。

しかし、館内撮影禁止のため画像はなし。

数多くの展示物の中で、特に目を引いたのが(まとい)。

纏とは、江戸時代に町火消しが用いた組の目印として使用したもの。

よく時代劇なんかで出てくるやつです!

最上階には相模湾(さがみわん)が一望できる展望室あり。

天守閣内の売店で、全く関係のない真田幸村のタオル買っちゃった^^
DSC03799.jpg

ちなみに北条五代(早雲・氏綱・氏康・氏政・氏直)の中では、

私は北条氏の祖である早雲が一番好きかな^^

では、お次はおいしいグルメを目指して横浜へ移動!!

●場所はこちら
神奈川県小田原市城内6-1 小田原城址公園内

■小田原市公式サイト
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/index.html

【全国のお城】
⇒ 2010.08.24 名古屋のシンボル名古屋城
⇒ 2010.07.26 熊本と言えば熊本城

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。