令和の怪物『佐々木 朗希』

昭和の怪物『江川卓』、平成の怪物『松坂大輔』、そして・・
令和の怪物『佐々木朗希』が誕生した。いや、降臨したといってもいい。

若干二十歳にして、完全試合達成・・これがどのくらいすごいことか?・・
あなたはわかるだろうか。28年前達成したのは、巨人の3本柱『槙原寛己』。

当時私は小学生だっただろうか。この頃プロ野球中継をよく見てたから強く
記憶に残っている。

正直、戦前戦後の野球を私はほとんど知らない。私が生まれた1980年からの
完全試合達成者は、槇原と佐々木のわずか2人。。この数字から若干二十歳の
若武者が、とんでもないことを達成したことはわかってもらえるだろう。

完全試合を達成した次登板・・何気なくスマホでYahoo!ニュースを開いたら、
「佐々木朗希 6回完全継続中」という文字が目に飛び込んだ。その瞬間・・
ゾクゾクゾクと体全体を鳥肌に襲われた。ここまでの衝撃はいつぶりだろう。

結果的には8回完全で降板。球数は102球。試合も延長の末負けてしまった‥
2試合連続完全試合は、メジャーでも達成されたことのない世界記録である。

正直個人的にはもう1回見たかった。でも、そんな記録や数字なんてものが、
人間の判断を誤らせ、一大事を引き起こす。井口監督の決断に一切文句はない。

私の頭の中にはとんでもない記憶として残る。超一流選手であっても、完全
試合というのは人生に1度訪れるかどうかの大チャンス。それを1度でモノ
にできるか、それが大きな分かれ目となる。それを若干二十歳で掴む大物感
はヤバすぎる。絶対に(超一流の中でも)ただ者ではないと断言できる。

一歩違えば、グルメブロガーではなく、スポーツジャーナリストとして人生
を送っていただろう私の気持ちを、ここまで激しく揺さぶる選手は久しぶり。

令和の怪物が、まだ長いプロ野球人生の中で、どんな偉業を達成するのか?
これからの佐々木 朗希の活躍が楽しみで楽しみで仕方がない。くれぐれも
女性問題にはお気を付けを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。