ジャニごり日記@静岡B級グルメ


   管理人ジャニごりが、静岡県の安価で庶民的な静岡B級グルメ&ランチを食べ歩くブログ。

   雑誌やテレビでは伝わらない「本当にうまいのか?」をピリ辛口で伝えていくのでよろしく!


   「がんばってる個人店」を応援し、静岡県を盛り上げるのがこのブログの趣旨になります。

   2016年10月より急遽、東京へ転勤中!ジャニごり日記 第二章も応援よろしくお願いします!


   Since 2009.9.16~

北条五代が治めた小田原城

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぶらっとひとりで神奈川県小田原市にやってきました。

小田原といえば、やはり北条五代が治めた小田原城でしょう!
DSC03801.jpg


小田原駅周辺は、思っていた以上に田舎でびっくり^^


駅から歩くこと10分ほど・・・・・




でで~~んと大きな小田原城が見えてきました。

静岡の浜松城や、掛川城とは比べ物にならない雄大さ!
DSC03759.jpg


天守閣に入る前に、敷地内をぶらぶら散策しましょ。



庭の中心にはなぜか日本猿の群れが!!

なぜこんなところに?(笑) 
DSC03762.jpg

こちらは本丸東堀跡。

江戸時代の小田原城は、本丸を水掘りが囲んでいたのです。
DSC03763.jpg

堀とは、敵の侵入を防ぐため城などの周囲に掘られた溝のこと。

このように水が張られている堀を水堀、水の張られていない堀を空堀という。
DSC03785.jpg

こちらは小田原城跡本丸の巨マツ

あまりに大きく育ちすぎたため、立派な支えがしてありました。
DSC03792.jpg

小田原市の天然記念物に指定されているとのこと。

でも、木全体に苔みたいのが生えててちょっと気持ち悪い。。。。



この立派な門は小田原城の銅門

二の丸の表門で、江戸時代を通してそびえていました。
DSC03784.jpg


お次は歴史見聞館へ。入館料は大人300円。

入ってすぐのところで、炎をまとった武者が待ち構えていました!
DSC03768.jpg

これは小田原城ジオラマ模型。縮尺500分の1。
DSC03770.jpg

東海道屈指の宿場町だった小田原の町の様子を再現。
DSC03772.jpg

各家々にはちょっとしたクイズやゲームあり。
DSC03773.jpg


ふぅー。歩き疲れたので城内の公園で休憩しよーっと。


んん?? あれはなんだ!? 




なんと公園では和種馬の乗馬体験が行われてるじゃないか!

和種馬とは、洋種馬と交雑することなく残ってきた日本固有の馬のこと。
DSC03778.jpg

特徴は頭が大きく足が太く短い。全体としてずんぐりした体形。

はじめポニーかと思ったほど(笑) さすが日本の馬。
DSC03780.jpg

記念に私も乗ってみました^^ 料金は500円。
乗馬体験

ものすごい静かでのっそりのっそり歩くの(笑)

これが乗馬体験といえるのかどうかわからないけど、思わぬ収穫だったな!




それでは最後にメインの天守閣へレッツゴー!!

現在の天守は、昭和35年(1960)5月に復興したもの。入館料大人400円。
DSC03794.jpg

内部は、古文書、絵図、武具、刀剣などの歴史資料の展示室になっていました。

しかし、館内撮影禁止のため画像はなし。


数多くの展示物の中で、特に目を引いたのが(まとい)。

纏とは、江戸時代に町火消しが用いた組の目印として使用したもの。

よく時代劇なんかで出てくるやつです!



最上階には相模湾(さがみわん)が一望できる展望室あり。

天守閣内の売店で、全く関係のない真田幸村のタオル買っちゃった^^
DSC03799.jpg


ちなみに北条五代(早雲・氏綱・氏康・氏政・氏直)の中では、

私は北条氏の祖である早雲が一番好きかな^^


では、お次はおいしいグルメを目指して横浜へ移動!!



●場所はこちら
神奈川県小田原市城内6-1 小田原城址公園内


■小田原市公式サイト
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/index.html


【全国のお城】
⇒ 2010.08.24 名古屋のシンボル名古屋城
⇒ 2010.07.26 熊本と言えば熊本城




犬の丸男くん アクティブ女子 シルバーバック

江ノ電に乗って江の島へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
湘南の海沿いを走る江ノ電に初めて乗車。

今年(2010年)でなんと全線開通百周年とのこと!おめでとう!!
DSC03343.jpg

本当に民家スレスレを走る江ノ電!(笑)

普通の電車に比べゆっくり走るため、沿線の風景がじっくり楽しめます。


下の写真は車内から撮った風景。

すぐそこに見えるのは湘南の海。湘南の風を切って進むぜー!
DSC03342.jpg


長谷駅から20分ほどで江ノ島駅に到着。

周辺にはみやげ店やグルメ店が数多くありました。



江ノ島に向かってまっすぐ進むと、弁天橋(べんてんばし)が見えてきました。

この橋を渡るといよいよ江ノ島です!!
DSC03346.jpg

湘南だけあってガリマッチョのサーファーがそこら中にいるわいるわ。

プチおデブちゃんの私には不釣り合いの場所だな^^
DSC03347.jpg DSC03345.jpg

弁天橋から見る景色はなかなかの絶景でした♪
DSC03349.jpg DSC03350.jpg


さあ、ここが江の島です!!!

さっそく江の島神社参道をぷらっと散策。
江ノ島

しかし思ったほど残り時間は少なく、

あと1時間ほどで帰宅しなければならない時間。。。。



そろそろお腹減ったなー。

うわー!! あの巨大な大あさり超うまそう♪
DSC03351.jpg

しかも、目の前で焼いてくれるんだ!!

ぐるぐるぐるぐるぐる~~~(お腹の音)
DSC03352.jpg

でもせっかくだからどこかお店に入って食べようかね。

さあどこに入ろうかな?



【関連記事】
⇒ 2010.09.28 花の寺と呼ばれる長谷寺
⇒ 2010.09.28 国宝・鎌倉大仏の胎内に潜入
⇒ 2010.09.26 報国寺で竹の庭を見ながら抹茶休憩





犬の丸男くん アクティブ女子 シルバーバック

花の寺と呼ばれる長谷寺

このエントリーをはてなブックマークに追加
高徳院から歩くこと10分、日本最大級の観音様が見られる

長谷寺(はせでら)に到着しました。



長谷寺はいたるところに花が咲くことから、

別名花の寺とも呼ばれている素敵なお寺。
長谷寺1

こちらがその長谷寺庭園

いや~~~~きれいですね~♪
長谷寺

春はサクラ、ボタン、夏はサルスベリ、アジサイ、冬はウメ、マンサクなど、

境内には1年を通じてさまざまな花が咲き誇るとのこと。
長谷寺2


観音堂には高さ9.18mの十一面観世音菩薩像が安置されてました。

写真はないので興味のある方はこちらを参考に。


まさに圧巻。。。。。。

思わず見とれてしまうほど巨大でキラキラの神様でした。




見晴台からは鎌倉の街並みが一望できます。

6月にはアジサイが道の両側を彩る鎌倉随一の名スポットに変身します。
DSC03339.jpg

四季折々の顔を持ったお寺なんですね。

これなら何度来ても楽しめそう^^♪



その他、ものすごい数の地蔵がひしめき合っている千体地蔵尊や、

かわいい顔したなごみ地蔵、洞窟になっている弁天堂など

魅力的なスポットが数多くありました。



ここは正直あまり期待していなかったのだけど、

予想以上に楽しめたお寺でした。




長谷寺から徒歩5分で長谷駅へ到着。

さあ、これから江の島へレッツゴー♪
DSC03341.jpg


【関連記事】
⇒ 2010.09.28 国宝・鎌倉大仏の胎内に潜入
⇒ 2010.09.23 玉子焼 おざわ( 神奈川県鎌倉市 )
⇒ 2010.09.23 鎌倉へひとり旅





犬の丸男くん アクティブ女子 シルバーバック
ブログ内検索
店名や地名を入力して下さい♪
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
オススメ記事
静岡駅周辺グルメ ベストセレクション
静岡駅から徒歩20分以内で行けるうまいお店を厳選。

焼津グルメ ベストセレクション
魚の町"焼津"のグルメはここがオススメ!

静岡ラーメンランキング 2013
勝手に私の静岡ラーメンベスト10をランク付けしました!

静岡朝ラー
朝からラーメンを食べる文化「朝ラー」の紹介。

静岡カレー
静岡県で食べられるカレーをまとめてみました。

静岡おすすめグルメ店
デルソーレ( 静岡市 )
デルソーレ6


くしまる( 静岡市 )
くしまる6